大阪勉強会からの税法実務情報

 大阪勉強会メンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< 関連会社への経営援助協力費の増額を寄附金認定した事例(令元.11.15 札裁(法・諸)令元-1) | main | 雑種地の比準土地を宅地と判断した事例(令元. 7.24 東裁(諸)令元-13) >>
運用益相当額は課税所得

週刊税のしるべ 令和2年6月22日 第3415号

 

 外国金融機関のグループ企業に資金運用を委託していた者らが、同企業側の不正で一部資金が消失したため、1億米ドルを超える和解金を受け取った。

 

 この和解金は課税の対象となるのか否か。

 

 東京地裁は11日、和解金のうち、元本損害額の補てんとして支払われた部分は非課税所得に該当(所法9―充掘砲垢襪發里痢運用益相当額の逸失利益の補てんとして支払われた部分は雑所得に該当する旨の判決を下した。

 

(税理士 岡野 訓)

 

| - | 08:22 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 このブログメンバーの本

  宿題本border=

  失敗本border=

  信託本改訂border=

  役員退職金本border=

  実務目線3border=

  民法本border=

  多元宇宙・贈与編 border=

  役員給与本改訂版

  再編本改訂版

  クリエイティブ60

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

 小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本



カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?