大阪勉強会からの税法実務情報

 大阪勉強会メンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< マスク購入費用の用途区分 | main | 持続化給付金対象拡大「7月中の申請受付は難しい」のか(高井崇志議員ブログ) >>
給与所得・雑所得に対する持続化給付金は一時所得・雑所得(国税庁FAQ)

給与所得・雑所得に対する持続化給付金は一時所得・雑所得(国税庁FAQ)

 

 未だに取扱いが明確にならない、給与所得・雑所得に対する持続化給付金ですが。
 課税庁側では、受け入れ準備を既に整えている、ということですね。

 

 実際に、対象者に給付されるかどうかは、課税庁側では分からないけれど。
 支給された場合の「器」だけは、先に用意しておきましたよ
、と。

 


問9.《個人に対して国や地方公共団体から助成金が支給された場合の取扱い》〔6月12日更新〕

 

【事業所得等に区分されるもの】

・持続化給付金(事業所得者向け
・家賃支援給付金

 

 (略)

 

・雇用調整助成金

 

 (略)

 

【一時所得に区分されるもの】

 

・持続化給付金(給与所得者向け

 

【雑所得に区分されるもの】

 

・持続化給付金(雑所得者向け


(参考)1 新型コロナウイルス感染症等の影響に関連して国等から支給される主な助成金等の課税関係(例示)(「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ(国税庁)」)


 なお、事業者から見舞金を支給した場合については、5月15日付で既にアナウンスがあります。

 

問9-3.《従業員に対して事業者から見舞金が支給された場合の取扱い》

 

 「国や地方公共団体から助成金が支給された場合」と「事業者から見舞金が支給された場合」との区別に注意ってところでしょうか。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

追記・修正 2020/06/24 12:02

 

 すみません。標題含めて訂正しておきます。

 

「一時所得・雑所得に対する持続化給付金」→「給与所得・雑所得に対する持続化給付金」

| - | 10:26 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 このブログメンバーの本

  宿題本border=

  失敗本border=

  信託本改訂border=

  役員退職金本border=

  実務目線3border=

  民法本border=

  多元宇宙・贈与編 border=

  役員給与本改訂版

  再編本改訂版

  クリエイティブ60

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

 小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本



カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?