大阪勉強会からの税法実務情報

 大阪勉強会メンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< 雇用調整助成金のオンライン申請で不具合 個人情報、一時閲覧可能に(産経新聞) | main | 試験研究費関係(別表6(8)等)(2)(大規模法人の法人税申告に当たっての留意点[田代和之]その15(租税研究)) >>
なぜ10万円給付に時間がかかるのか(四條畷市長東修平氏による記事)note

なぜ10万円給付に時間がかかるのか(四條畷市長東修平氏による記事)note

 

なぜ10万円給付に時間がかかるのか
note 東修平(四條畷市長) 2020/05/17 23:18

 

「手順の詳細に入る前にお伝えしたいことは、自治体によって基本的な対応方針が異なるということです。」

 

 申請世帯全体への給付を、手戻りなしに生じるためには。
 全体最適型が一番妥当で、最も多くの自治体が採用している。

 

 しかし、一部最速型力技型もある。
 後者は、ごく小規模な自治体しか採用できないが。

 

 一部最速型は、一部世帯には早期給付開始が実現できる。
 その代わり、並列処理が増え、ミスが増え、手戻りも生じやすい。

 

 更に、職員の作業では「密」状態が避けがたい。
 このあたりを踏まえて、多くの自治体は、全体最適型を採用していると。

 

 まぁ、価値判断としても妥当な気がしますね。

 

 さて、今回ミスが報道されたのは、どのタイプだったのだろう。
 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

| - | 16:35 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 このブログメンバーの本

  宿題本border=

  失敗本border=

  信託本改訂border=

  役員退職金本border=

  実務目線3border=

  民法本border=

  多元宇宙・贈与編 border=

  役員給与本改訂版

  再編本改訂版

  クリエイティブ60

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

 小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本



カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?