大阪勉強会からの税法実務情報

 大阪勉強会メンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< e-Taxに必要なID・パスワードの出張発行のお知らせ[国税庁] | main | 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置(案)[財務省] >>
給付金ポイントQ&A 支給スタート最速で5月中、事業者申請から2週間で(SankeiBiz)

給付金ポイントQ&A 支給スタート最速で5月中、事業者申請から2週間で(SankeiBiz)

 

給付金ポイントQ&A 支給スタート最速で5月中、事業者申請から2週間で
SankeiBiz 2020.4.7 18:46

 

 「中堅・中小企業などの法人には最大200万円」
 「個人事業主などには最大100万円」
 「使い道は問わず、事業全般に広く使える。」

 

 ただし、業績急降下の要件は課したと。

 


 Q 給付の条件は

 A 新型コロナの影響で売り上げが前年同月比で50%以上減少している場合とした。中小企業や個人事業主などは、売り上げの減少を証明する書類などを用意した上で申請する。企業向けに使途を定めない給付金をこれほどの規模で実施するのは異例の措置だ。

 

 「給付が始まるのは最速で5月中になりそうだ。」

 「オンラインでの申請も可能にする」


 「提出書類に不備がない場合」だが。
 「オンラインの場合は申請から書類の確認、給付までを2週間程度で」目標と。

 

 で、この中小企業者への事業者給付金について。

 安倍首相会見で、江川紹子氏が質問していました。

 

 給付金の条件についてはどうなのかと。

 安倍首相回答は、どこかの月で前年より半減していることと。

 

 恐らく、月収入が2月以後でどこか1ヶ月売上高が前年の同月比較で。

 半減していること、というような要件なのでしょう。

 

 つまり、5%以上ダウンしていると無担保・無利息融資対象になり。
 50%以上ダウンしていると、給付金支給対象になる。

 

 という感じではないかと。
 早いところ、公表される資料で裏取りしたいですが。

 

 なお、会見では、簡易な電子申請によるという話に加えて。
 全国の商工会で手伝って貰うという話も言ってましたね。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)
 

| - | 20:19 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 このブログメンバーの本

  宿題本border=

  失敗本border=

  信託本改訂border=

  役員退職金本border=

  実務目線3border=

  民法本border=

  多元宇宙・贈与編 border=

  役員給与本改訂版

  再編本改訂版

  クリエイティブ60

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

 小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本



カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?