大阪勉強会からの税法実務情報

 大阪勉強会メンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< 消費税率引上げに伴う変更契約書の印紙税の取扱いQ&A(税務通信) | main | 相続対策の信託をめぐり東京地裁が注目判決 >>
7千万円超脱税疑い、福島 太陽光発電経営者ら逮捕(産経新聞)

7千万円超脱税疑い、福島 太陽光発電経営者ら逮捕(産経新聞)

 

 「太陽光発電=脱税」なんて言われかねないくらい。
 太陽光発電絡みの脱税摘発は多いですね。

 


7千万円超脱税疑い、福島 太陽光発電経営者ら逮捕
産経新聞 2019.1.31 19:33社会事件・疑惑

 

 福島地検は31日、架空の外注費を計上するなどして、法人税や消費税など計約7800万円を脱税したとして、福島県白河市の太陽光発電会社「ブレイン」を経営する酒井勝行容疑者(50)=白河市=や従業員ら計4人を逮捕した。仙台国税局と同日、関係先を家宅捜索した。

 

 (略)

 

https://www.sankei.com/affairs/news/190131/afr1901310047-n1.html

 

 福島での架空外注費手口は昨年もありました。
 給与を他社外注費に仮装という話で、今回もそうだったのかどうか。

 


脱税  消費税3100万円を 容疑で告発 福島の企業 /福島
毎日新聞2018年2月23日 地方版  福島県

 

 消費税約3100万円を免れたとして、仙台国税局は22日、電気通信機器修理業「樋山ユースポット」(福島市西中央5)と、同社の樋山茂社長(56)を消費税法違反(過少申告ほ脱)などの疑いで福島地検に昨年12月19日付で告発したと発表した。

 

 国税局によると、同社は従業員に支払った給与を、他の会社への外注費と偽装。偽の外注費分の消費税を、国などに本来納めるべき消費税から差し引く手口で、16年3月までの4年間で消費税計約3100万円を免れた疑いがある。

 

 (略)

 

https://mainichi.jp/articles/20180223/ddl/k07/040/087000c

 

 たぶん、一連の話で、脱税指南した連中がいるのでしょうね。
 是非、芋蔓摘発めざし、福島の地元税務署の皆さん、頑張って下さい。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)
 

| - | 17:48 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 このブログメンバーの本

  宿題本border=

  失敗本border=

  信託本改訂border=

  役員退職金本border=

  実務目線3border=

  民法本border=

  多元宇宙・贈与編 border=

  役員給与本改訂版

  再編本改訂版

  クリエイティブ60

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

 小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本



カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?