大阪勉強会からの税法実務情報

 大阪勉強会メンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< HP掲載用の写真と源泉徴収(税務通信) | main | 自書によらない財産目録の中の記載の訂正(民法相続編改正) >>
午前に売って午後に買い戻したら
 税のしるべ 平成30年12月17日

 債務超過を解消するため親会社から適格現物出資を受けた上場株を、午前に売って午後に買い戻して含み益を実現。ただし実質的にクロス取引での益出しだとして、法基通2−1−24の4の売買はなかったものとする取り扱いを適用して売却益は課税所得から減算したという取引です。

 納税者の処理が否認されたわけですが(平成30年3月12日裁決)。上場株を市場で売り買いする以上、リスクはあり同時の契約を見るのは無理があるので裁決は妥当でしょう。

 ということは、損を出すための取引だったとしても法基通2−1−24の4の適用はなく、譲渡損の損金算入は認められるでしょう。

(税理士:白井一馬)
| - | 09:00 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 このブログメンバーの本

  信託本改訂border=

  役員退職金本border=

  実務目線3border=

  民法本border=

  多元宇宙・贈与編 border=

  役員給与本改訂版

  再編本改訂版

  クリエイティブ60

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

 小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本



カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?