大阪勉強会からの税法実務情報

 大阪勉強会メンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< 元担当官の2人と描く2年目の新事業承継税制マップ(税務弘報)その5 5年経っても経営者は辞められない(切替時要件に注意) | main | 元担当官の2人と描く2年目の新事業承継税制マップ(税務弘報)その6 特定資産の記載省略(平成29年度改正) >>
未婚のひとり親、住民税の負担を軽減…自公合意(読売新聞)

未婚のひとり親、住民税の負担を軽減…自公合意(読売新聞)

 

 ということで、いよいよ本日税制改正大綱登場ですか。
 さて、何時頃出てくるんでしょうねぇ。

 

未婚のひとり親、住民税の負担を軽減…自公合意
2018年12月14日 00時06分    読売新聞

 

 自民、公明両党は13日、未婚のひとり親に対する税制上の支援策について、住民税の負担を軽減することで合意した。こうした方針を盛り込んだ2019年度与党税制改正大綱は、14日に決定される見通しとなった。

 

 (略)

 

 年収204万円以下の未婚のひとり親の一部は、住民税を非課税とすることで一致した。また、所得税の負担を和らげるため、低所得者には来年度に年1万7500円を給付する。公明党の要望の一部を、自民党が受け入れた形だ。


 (略)

 

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181213-OYT1T50111.html

 

 それにしても、平成30年度大綱段階で31年改正に先送りした話なのに。
 こんな土壇場で揉めたなんてのは、ちょっと信じられない。

 

 事務方の根回し不足だったのか、読みが甘かったのか。
 なんにせよ、先送り系は、今後も要注意ってことかもしれない。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

| - | 04:35 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 このブログメンバーの本

  信託本改訂border=

  役員退職金本border=

  実務目線3border=

  民法本border=

  多元宇宙・贈与編 border=

  役員給与本改訂版

  再編本改訂版

  クリエイティブ60

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

 小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本



カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?