taxML税法実務情報

 taxMLメンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< 改正医療法対応「関係事業者との取引の状況に関する報告書」の適用時期 | main | 「税理士は、『税務調査にも立ち会っていますよ』という“ポーズ”のためにいます。」ですって >>
不安な個人、立ちすくむ国家

 経済産業省の20代、30代の若手30人が「次官・若手プロジェクト」に参画。

 

 「次官・若手プロジェクト」とは、国内外の社会構造の変化を把握するとともに、中長期的な政策の軸となる考え方を検討し、世の中に広く問いかけることを目指すプロジェクト。

 

 65ページに及ぶ資料には、若手官僚達の危機感が漂っています。

 

 時代は大きく変わったのだ。

 

 日本人の考え方も社会のしくみも、変化した時代に合わせて造り替えなければならないのだ。

 

 そのチャンスはここ数年しかない。

 

 さあ、日本人よ、目覚めなさい!

 

 ということかな?

 

 日本って、社会が危機的な状況に陥っときには、必ずといってよいほど、時の若者達が立ち上がり、その危機を幾度となく救ってきました。

 

 今回も、20代、30代の若者達が新しい時代を切り開いてくれるのかな?

 

(税理士 岡野 訓)

 

 

 

 

 

 

| - | 20:30 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 taxMLメンバーの本

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

  給与本

  百箇条

  小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本

  ▲taxMLに参加するには▲


カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?