taxML税法実務情報

 taxMLメンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
<< 「法人税の申告期限延長の特例の適用を受けるに当たっての留意点」(経産省) | main | e-Taxでは添付書類が不要だが、eLTAXは…… >>
民法改正の知識(江口正夫弁護士) その1

民法改正の知識(江口正夫弁護士) その1

 

○民法改正の知識 平成29年4月17日(月)
場所:福山ニューキャッスルホテル
講師:江口正夫弁護士

 

主として、不動産関係への影響を語るということでした。

 

大きい改正は、

・法定利率の改正
・時効
・解除要件変更
・瑕疵担保責任から契約不適合性へ
・保証契約見直し
・定型約款規定の新設
・契約類型見直し

などがあると。

 

で、法定利率は5%から、債権発生時期ごとの固定利率になるのですね。
市場利率変動ではないが、見直しがされるレートになると。

 

損害賠償金の算定で控除される中間利息が小さくなるので。
賠償金額が大きくなるだろう、とのお話。

 

怖いですね。
保険料も上がるだろうとのことでした。

 

続きます。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

| - | 01:01 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 taxMLメンバーの本

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

  給与本

  百箇条

  小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本

  ▲taxMLに参加するには▲


カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?