taxML税法実務情報

 taxMLメンバーによる記事です。
 税理士実務の文化を創るための税法情報サイトです。
無料納税相談に行ってきてのメモ その4 会場での気付き事項

無料納税相談に行ってきてのメモ その4 会場での気付き事項

 

無料納税相談に行ってきてのメモの続きです。
正直、会場により差異あるはずの部分なので、参考程度で。

 

○税理士相談コーナーにあるのはノートパソコン。

納税者に画面を見て貰いながらだと、キーボードが打ちにくい
延長キーボードか拡張ディスプレーがあればと思う。

 

ま、これは税務署側で考えてねという話ですが。

 

○市役所職員が来ているので住民税申告が必要なら誘導する。

あくまで、私の地元の場合ですが。

 

社会保険料納付額の確認は、専用メモがある

それを渡して記入して貰うようにする。

 

なお、税理士事務所の場合、電話すると、折り返し電話があって。
教えてくれるというのが、私の地元の場合のパターンです。

 

○年金源泉徴収票の紛失対応

福山年金事務所からの再発行案内が配布されていた。
基礎年金番号を用意して電話すれば、1週間程度で届くと。

 

直接出向く場合は、本人確認で時間が掛かるし。
委任状と委任状に押印する印鑑も必要となっている。

 

つまり、1週間程度待てる状況なら電話した方が良いと。
急ぐ場合は直接出向けという指導は間違いということだろうか

 

多分、これは各年金事務所次第なのでしょうね。
しかし、対応を揃えて欲しいと思ってしまいます。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

 

| - | 00:01 | - | - |
iPhone・iPadでもAndroidでも、確定申告書等作成コーナーは利用可能

iPhone・iPadでもAndroidでも、確定申告書等作成コーナーは利用可能

 

知らなかったのですが。
iPhone・iPadでもAndroidでも、確定申告書等作成コーナーは利用可能なのですね。

 

広島国税局から操作の手引きPDFが出ています。

 

確定申告書等作成コーナー〜操作の手引き〜(iPhone・iPadをご利用の方)について
 

確定申告書等作成コーナー〜操作の手引き〜(Androidをご利用の方)について
 

もうパソコン持ってない世代が増えましたものねぇ。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

| - | 19:17 | - | - |
無料納税相談に行ってきてのメモ その3 手続上の注意事項

無料納税相談に行ってきてのメモ その3 手続上の注意事項

 

無料納税相談を終えてのメモの続きです。
普段e-Taxで申告しないので、アレっというのがありました。

 

○会場では、ICカードがなくても電子申告が可能になっている

一昨年はカードが必要だったのが、なしでいいのですね。

 

○申告書を入力した後、印刷のプレビュー画面がない。

適用条文などの確認が、印刷終了までできないのですね。
会計事務所用システムを普段使っているので、焦りました。

 

電子申告の場合は、送信後に印刷されることになります。
これは、システム改善して欲しいと思いました。

 

○マイナンバーカードはなしでも進める

ま、これはいいですか。

 

○職員の確認の場面は、呼ばずに、確認済みを選んで、(略)と入れれば、そのまま進んでいける。
職員を呼ばずに進めるよう指示あり。

なんだかなぁ。

 

○職員からの声掛けは殆どない

こちらで勝手に進めていくようになっている。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

| - | 00:01 | - | - |
相法66の2を新設して一般社団法人等の課税を規定

旬刊速報税理 2018年2月11日号

 

 「特定一般社団法人等」の理事が亡くなった際に、社団に対し相続税を課するという規定を相続税法66条の2として新設。

 

 「等」には一般財団法人が含まれるが、「特定」とは、次のいずれかを満たした一般社団法人等が該当する。

 

 〜蠡崖始の直前における同族理事数の総理事数に占める割合が2分の1超

 ∩蠡崖始前5年以内に同族理事数の総理事数に占める割合が2分の1を越える期間の合計が3年以上

 

 ここでいう「同族理事」とは、理事のうち、「被相続人又はその配偶者、三親等内の親族その他の当該被相続人と政令で定める特殊の関係のある者」のこと。

 

 この改正は、平成30年4月1日以後の相続について適用されるが、同日前に設立された一般社団法人等は平成33年4月1日以後の同法人理事の死亡から適用される。

 

 よって、33年3月31までに理事の構成を見直して同族理事が過半数とならないように対応すればよいとのこと。

 

(税理士 岡野 訓)

 

 

| - | 07:51 | - | - |
無料納税相談に行ってきてのメモ その2 申告上の注意事項

無料納税相談に行ってきてのメモ その2 申告上の注意事項

 

無料納税相談を終えてのメモの続きです。
申告で、分かっているようで、忘れがちな事項を再確認すると。

 

○寡婦控除の適用漏れに注意する。

今更のようですが、前年分の控がない人は特に要注意
聞きづらいので、漏れやすい。

 

○年金収入400万円以下の場合、給与2カ所でも、給与所得に関する合計所得金額20万円以下であれば、申告不要になる。

これも今更ですが、スタートでアタマが惚けており。
eTaxに注意喚起されて気がつきました。

 

情けなや……。
で、住民税申告だけは必要になりますので、市役所コーナーへ誘導と。

 

○社会保険料納付済通知書については、世帯主宛に通知が行われるものの、全てを世帯主が支払っているとは限らない。

福山市の場合に限るのかもしれませんが。
同居親族が国民健康保険を自分で払っている場合も、世帯主宛通知書に記載されているので、二重控除しないように。

 

どうも前年までしてしまっていたらしい例に遭遇しました。

続きます。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

| - | 00:01 | - | - |
無料納税相談に行ってきてのメモ その1 納税者と会ったらまず確認すべきこと

無料納税相談に行ってきてのメモ その1 納税者と会ったらまず確認すべきこと

 

私の担当の無料納税相談が終わったので、その際のメモを。
来年のための自分の備忘の意味がありますので、御容赦を。

 

まずは、税理士が納税者と会ったらまず確認すべきこと、です。
所得が何かとか、資料がどうかなんかはさておいて、まずはという話。

 

○昨年の申告書本人交付用控えがあるか質問する

 

前年会場に来ているが、控えを貰っていないと主張する人が何人かいた。
(全くなしないし収支計算書だけしか貰っていないなど)

会場で渡していないことは考えにくいので、本人紛失の可能性大。

 

なお、昨年同じ会場で申告していれば、税務署職員に検索依頼を行って、ID(利用者識別番号)を見つけて貰うことが可能(一昨年やって貰った)。

 

○「平成 年分 確定申告のお知らせ」ハガキが来ているか確認する

 

昨年の控えがなくても、このハガキがあれば、利用者識別番号が分かる

 

前年無料納税相談会場で電子申告した人に送付されている模様。

実際には、紙で提出した人を含みますが、登録した人たち。

 

このハガキは、1月終わり頃に来て、

・利用識別番号
・ダイレクト納付利用の有無
・申告種類(青色か白色か)
・振替納税の利用の有無と銀行名・支店名

が記載されている。

 

税理士事務所で代理申告により電子申告した人には、来ていない模様。

利用者識別番号(ID)はこれで分かる。

 

PWは変更していなければ、(略)。【注:流石に書けません】

変更している場合、PW不明なら、取り直しになる模様

(そのような実例があった)

 

○電子申告するか、印刷して提出するかは、前年どうしているかで確認する。

 

ただし、平成30年分からはカードなしで自宅でも電子申告できるようになるので、ID/PW方式を進めるのが国税側の要望。

このため、PWの再設定を行って欲しいと会場で税務署より指導あり。

 

その場合、変更設定した情報のシートが保存用として出てくる。

よって、納税者がなくしそうにないなら、渡してあげる。

 

ただ、なくしそうな人の場合、どうすべきかが課題

続きます。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

| - | 07:34 | - | - |
満期保険金は黒字分だけを拾うのは危ない

満期保険金は黒字分だけを拾うのは危ない

 

「平成29年版 確定申告で誤りやすい事項(個人課税・資産税関係)」(広島国税局作成)より。

 

誤りやすい事項)
2口以上の満期保険金等がある場合で、黒字となつたものだけで一時所得を計算している。

 

(考え方)2口以上の満期保険金等がある場合で、その一つが赤字(受取額以上に保険料を支払つていた)のときは、一時所得内で通算することとなる(所法34)。

 

内部通算を忘れてはいけないということですね。
税額が過大になってしまいます。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

| - | 07:30 | - | - |
期限後申告は、青色申告特別控除65万円がとれない

期限後申告は、青色申告特別控除65万円がとれない

 

「平成29年版 確定申告で誤りやすい事項(個人課税・資産税関係)」(広島国税局作成)より。

 

幾つか、失念しがちな事項や「へー」を取り扱っていきましょう。
ただし、医療費控除はもう十分やったので、それ以外です。

 

○青色申告特別控除

誤りやすい事項)
確定申告書を申告期限後に提出したにもかかわらず、65万円の青色申告特別控除を適用している。

(考え方) 65万円の青色申告特別控除は、損益計算書及び貸借対照表を添付した確定申告書を申告期限内に提出した場合に適用される(措法25の2ァ法

 

◆これが期限ギリギリに出した際の大問題。
3月15日に届かないとアウトが原則というのがまず押さえるべきこと。

 

昔の感覚で小包郵便物で送ると、ムンクの叫び状態になりかねない。

 

参考)
申告書を荷物扱いで送付することはできません。
 

ゆうパック、ゆうメール、ゆうパケットでは、信書を送付することはできません。
 

「ゆうパック」での申告書送付で期限後申告となるケースが多発
 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

| - | 00:01 | - | - |
準確定申告の付表では、相続人代表者指定は必須ではない

準確定申告の付表では、相続人代表者指定は必須ではない

 

平成29年分の確定申告書記載例コーナーですが。
時折悩む準確定申告書の記載例があるのに気がつきました。

 

今までもの年もあったようですが、気がつきませんでした。

 

○準確定申告 確定申告書Aを使用する場合(相続人や包括受遺者が1人で、付表の提出を省略するとき)
 

これは、給与所得のみの申告者が年の中途で死亡し、相続人や包括受遺者が1人で、付表の提出を省略する場合の記載例

 

第一表の氏名欄には、被相続人上段、相続人下段にその旨表示して記載。

押印は、相続人の押印になる。

 

そして、被相続人の個人番号欄を空欄にする代わりでしょうか。

上部空白部に、相続人氏名と個人番号を記載する。

 

そして、準確定申告書であることを明示し、空白欄に死亡日を記載する。

付表を使わない代わりに書いてくれということなんでしょうね。

 

あとは準確定申告書となっている以外は、通常の確定申告書と同様。
いや、「平成 年1月1日の住所」が空欄なのが違うか。

 

当然ですが、翌年にはいないわけですからね。

更に、住民税欄も、申告年分の1月2日以後翌年1月1日までの死亡者は納税義務なしとなっている。

 

○準確定申告 確定申告書Bを使用する場合(相続人や包括受遺者が2人以上のとき)
 

こちらは、事業所得のみの申告者が年の途中で死亡し、相続人や包括受遺者が2人以上だが、代表者の指定がない場合の記載例

 

第一表には、相続人の話は出てこない。
付表を付けて、相続人の個人番号もこちらに記載する。

 

で、初めて知ったのですが、代表者の指定はなくていいのですね。
「3 相続人等の代表者の指定」は、空欄でもいいのだと。

 

付表って、「(兼相続人の代表者指定届出書)」とあるので。
てっきり必須だと思っていたし、そういう解説ばかり見てきましたが。

 

裏面の書き方をよく読むと「できますので、なるべく」なんですね。
指定することが必須ではないんだなぁ。

 

(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

| - | 00:01 | - | - |
マンションの販売事業者への消費税追徴課税相次ぐ

週刊T&Amaster 727 2018年2月19日

 

 これ、業界では激震が走っているようですね。

 

 販売用に購入した賃貸マンションについて。

 

 売却するまで非課税家賃が生ずるから、共通対応として、課税売上割合に応じてしか仕入税額控除ができないと。

 

 仕入れた賃貸マンションを販売した際には、全額課税売上に計上され、仕入れた際には、一部しか仕入税額控除できない。

 

 これは不合理だと。

 

 これから、審査請求や訴訟が待っているようで。

 

 T&Amasterでは今後の動向にも注視していくとのこと。

 

 続報を待ちたい。

 

(税理士 岡野 訓)

| - | 07:59 | - | - |
  累計:
  本日:
  昨日:

 taxMLメンバーの本

  再編本改訂版

  クリエイティブ60

  組織再編本

  関係会社間利益移転

  個人間利益移転

  むづかしい条文本

  事業承継本改訂

  少額債権本

  院長本

  給与本

  百箇条

  小宅本

  テッパン

  選択本2

  一般本

  信託本

  実務目線本

  ▲taxMLに参加するには▲


カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
最近の記事
過去の記事
税務情報更新通知サービス
税務情報更新通知サービス」に参加しませんか?